大きく

ふつう

文字サイズ

TOP センターの活動平成26年度の活動内容> 日本集団災害医学会総会学術集会で講演を行いました。

日本集団災害医学会総会学術集会で講演を行いました。

日付

2015年2月26日、27日、28日

場所

東京都立川市

概要

第20回日本集団災害医学会総会・学術集会において、シンポジウムへの参加および講演を行いました。

・パネルディスカッション「DPAT(災害派遣精神医療チーム)セッション」
座長
  平田 豊明(千葉県精神科医療センター病院長)
  丸山 嘉一(日本赤十字社医療センター国内医療救援部、肝胆膵・移植外科)
「災害派遣精神医療チーム(DPAT)―行政の立場から―」
  厚生労働省社会・援護局 障害保健福祉部
  精神・障害保健課 心の健康支援室 伊東千絵子
「DPATの体制整備状況について」
  国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
  災害時こころの情報支援センター 渡 路子
「東日本大震災の経験から考える災害派遣精神医療チームDPATの役割」
  東北大学大学院医学系研究科 予防精神医学寄附講座/
   みやぎ心のケアセンター 松本 和紀
「DMATとDPATとの連携 ―顔の見える関係―」
  国立病院機構災害医療センター DMAT事務局運営室 河嶌 讓

・一般演題「CSCA3」
「災害精神保健医療情報支援システム(DMHISS)の開発と運用」
  吉田 航

・一般演題「災害精神保健医療」
「平成26年度内閣府広域医療搬送訓練へのDPAT先遣隊参加報告」
  望月 聡一郎

出席者

渡 路子、吉田 航
望月 聡一郎