大きく

ふつう

文字サイズ

TOP 資料 > 被災認知症支援マニュアル(介護用)

被災認知症支援マニュアル(介護用)

日本認知症学会 被災者支援マニュアル作成ワーキンググループ
委員:山口晴保(委員長)、大澤 誠、藤本直規
オブザーバー:森 啓(理事長)、池田研二(副理事長)、中島健二(専門医制度委員長)、秋山治彦(事務局)、川畑信也(実践医療)、粟田主一(現地活動)、高橋 智(現地活動)

介護用 1版 2011年4月18日作成

発行:日本認知症学会
事務局 〒156-8506 東京都世田谷区上北沢 2-1-6
(財)東京都医学総合研究所内

はじめに

このマニュアルは、家族介護者と施設等の介護職を合わせた介護用に作られています。このたびの大震災で被災され、避難所などで生活されている認知症の人と家族、およびその介護職の人達を支援するために、日本認知症学会の専門医が知恵を出し合い、現地で役立つことを目標にして作られています。

既に認知症の診断を受けている方を想定して書いています。認知症を疑わせる症状(参照)が出てきたら、認知症なのか一過性の症状(偽性認知症やせん妄)なのか経過を見て、きちんと診断を受ける必要があります。

人間の欲求を、必要度を元にして順に示すと、まず「寝る場所と食べ物の確保」、次に「健康状態の維持」、そして次の段階が「仲間がいて安心して過ごせること」、そしてさらに「役割があり他者に認められること」、そして最上の段階が「自己実現」です。このマニュアルでは寝る場所や寝具、および食べ物や水が確保されていることを前提にしています。認知症の人と家族がぐっすり寝れて充分食べられる環境が先決です。そして、健康状態を維持する医療が提供され、認知症の人と家族が安心して生活し、役割と生き甲斐を持って生活できることを支援する実践的な介護マニュアルをめざしています。

なお、本マニュアルは、被災現場での介護のアドバイスを載せたものです。最終的な判断は、現場で介護している方々に委ねます。