大きく

ふつう

文字サイズ

TOP 資料災害救援者メンタルヘルス・マニュアル > (3)支援業務における基本的心構え(過重労働対策)

(3)支援業務における基本的心構え(過重労働対策)

  • 大規模緊急事態において、業務量は無限となりうる。
    ・支援者がすべての業務をこなせるわけではない
    ・支援者がすべての問題を解決できるわけではない
  • 支援者にとって、業務内容の曖昧さ、本来の目的が分からなくなる事態は大きな負担となる。
    ・業務の目的を明確にし、優先順位をつけることが重要
  • 支援者が処理できる業務量には限りがある。
    ・休憩の確保、体調の自己管理が求められる
    ・支援者が自分自身を犠牲にするとストレスに圧倒され、周囲にマイナスの影響を与えうる
  • 支援者もまた被害を受けていることを自覚する
    ・実際に地元で被災している場合がある
    ・悲惨な現場の目撃は心理的なトラウマとなる